マイナンバーを収集する前に通知

  • マイナンバーシステムによって何が変わるのか

    • 少し前ですがマイナンバーシステムが導入されました。

      共同通信社情報は初心者にも分かりやすいです。

      これによって大きく変わるのが行政サービスです。

      基本的にはネットで全ての行政サービスが受けられるようになるでしょう。これがマイナンバーシステムの導入目的の一つです。ネットは営業時間などに関係なくいつでも使用することが出来ると考えられます。


      そうしないとせっかくのネットの意味がないからです。

      ネットは24時間使えるのが売りです。



      問い合わせをリアルタイムでというのは夜とかは難しいでしょうが、普通の婚姻届けや出産届けなどの届け出はネットで普通に出来るでしょうし、住民票の交付なども夜間や休日の関係なく出来るようになるでしょう。そう出来るのは、マイナンバーシステムによってデジタルデータで管理が出来るようになったからです。
      マイナンバーシステムは番号で国民を管理するようにするものですが、これは単にデータの保管の仕方を変えるということが目的ではなく、デジタルデータで管理をすることによって、こうした行政サービスを向上させるということが目的でもあるのです。

      こうすれば、大きくコスト削減になりますし、それでいて業務の効率化は圧倒的に上がります。

      マイナンバーの収集に関する情報を公開中です。

      まさに、一石二鳥ともいえるものなので、この制度が導入されたわけです。さらには、この制度は将来的には税政も自動にしたりすることが出来ますし、還付や現金支給なども自動で出来るように出来るという驚きのサービスの進化を見せることも出来るものです。


top