マイナンバーを収集する前に通知

  • マイナンバーの収集作業

    • 企業がマイナンバーを収集するという作業は意外と手間がかかるのです。


      複数の拠点があるような場合や人数が多いとより時間がかかってしまうことにもなります。

      BIGLOBEニュースの情報サイトはこちらです。

      基本的に現在の従業員のマイナンバーである個人番号を集めるということと、新規に採用した人の個人番号も集めなければならないことになります。

      個人番号の収集はできるだけ早めに行う必要があります。

      例えば新規採用の場合、採用時に手続を行うことになりますが、そのタイミングで実施をしておくことです。時間がたつと集めにくくなるということと、退職してしまうとより集めにくくなるということで、収集という業務がうまくいかないことになるのです。



      集める方法も気をつけなければならないのですが、個人情報にあたるマイナンバーは集めている途中でなくなってしまうと個人情報が漏洩したことになってしまうのでトラブルの原因となります。
      そのため送付をするような場合も追跡できるような方法か書留などで送る方法をとる必要があるのです。

      このような収集作業を企業で行うととても手間がかかってしまうので、外部に委託する方法があります。

      すごく便利なマイナンバーのソリューションの情報が沢山詰まったサイトです。

      情報を保管する、受け渡しのセキュリティなどの高いレベルで管理することができるようになります。


      外部に委託しておくことで、この先法律が変わって運用方法も変えなければならないことになっても対応してもらうことができるので安心です。

      マイナンバーの管理は企業内だけで考えずに外部への委託も視野に入れて効率的に管理することが望ましいです。

top