マイナンバーを収集する前に通知

  • マイナンバーの事前収集

    • マイナンバー制度が導入され、社会保障や税金など公平で公正な社会を実現するためのもので、個人ごとに決められた個人番号で管理して行政でその人の個人の情報がわかるようになるのです。社会保障や税金など公平で公正な社会を実現するということでは企業も関係してくることになります。


      企業は従業員に変わって社会保障の手続や源泉徴収といった事務を行っています。



      マイナンバー制度がはじまり、企業は従業員の個人番号を収集しなければならないのです。

      朝日新聞デジタルサイトを見つけることができました。

      個人番号は容易に知られてはいけない個人情報なのです。

      企業で働く従業員もどこまで個人情報として知らせていいのかわからないところもあります。

      企業は従業員に対してマイナンバーの利用目的を明示して、その範囲の利用で収集をするということを周知させる必要があります。

      マイナンバーのサービスのことなら、こちらをご参考にしてください。

      企業が個人番号を集める対象者は基本的に全従業員です。常時働いている社員やパートタイマーだけでなく短期間であっても集める必要があります。

      ただ派遣社員については派遣会社が行うことになります。

      ほかに弁護士など報酬を支払っている場合は支払調書が必要となりその方の個人番号も集めなければなりません。


      現在働いている従業員とこれから採用する人について収集しなければなりません。

      パートタイマーやアルバイトになると個人番号の提出が遅れてしまうこともあります。
      マイナンバーの収集の流れを作っておいて、事前に集めておくことが大切です。

      採用するときに集めるようにしておくことです。

top